他の楽器と比べてギターの3つのメリットを書いてみた

こんにちは、ゆーすけです。

ギターって他の楽器と比べてどのようなところが良いのか考えてみました。

ギターを始めてから、他の楽器を弾いている人と話す機会がとても多くなってきて

色々と話をしてみると、

ギターってメリットがめっちゃあるってことに日々気づかされてきました。

楽器選びをギターにして得したことはめっちゃ多いです。

ということで早速中身に入っていきます。

 

ギターは持ち運びが楽で一瞬で移動できる

ギターって持ち運びが楽です。

ギターケースに入れて背中で背負ってしまえば移動が簡単ですし、

重さも楽器の中ではかなり軽い方です。

 

これが、ピアノやドラムだったら持ち運びがすごく大変です。

ピアノの場合、持って運んでいる所を見たことがないですし、

めっちゃ重いです。

しまいには、車にも乗せることができない

すごく大きな車なら別ですが、軽や乗用車に乗せることはかなり難しいです。

 

ドラムはピアノと比べると持ち運びはまだ容易ですが、

手間が半端ないです。

時間もめちゃめちゃかかります。

・ハイハット

・スネア

・シンバル類

・バスドラ

・タム、フロア

 

ドラムの移動って引越しのような感じで、

一人では極力やりたくない、

僕も友達のドラムを運んだことがありますが、

 

楽器1つの移動がこんなにも大変だということが、

普段ギターしか触らない僕にとって苦痛でした。

息切れが半端ない!!

 

当時は僕ラグビーやっていたので体力には自信ありましたが、

それでも結構な体力消耗しました。

今やるとなるとどうにかサボる方法を考えるかもしれませんw

 

ギターはどこでも練習ができる楽器だ!

持ち運びが楽っていうことにつながるのですが、

ギターは場所を選ばずに、どこでも練習ができます。

僕はアパート住まいですが、アンプをつなげなければ、音量がでないので、

家で弾いても苦情は来ない。一回も来たことがないです。

 

家での練習に飽きた時に、友達の家に持って行って練習が可能だったり、

公園に持って行って新鮮な空気に触れながら練習することだってできます。

 

これがドラムだったら、まず家で練習ができないです。

速攻で隣近所から苦情がきます。

下手したら警察が来ますからねw

 

ドラマーは家に置けない人が多くて、

スタジオに行って練習する人が殆どです。

所有して家で練習ができないので、

スタジオに行くまでの交通費やスタジオ代など

お金がかかります。

 

僕は場所を変えてギター弾くことも多くて、

友達の家に持って行ったり、

最近では、車の中で練習したこともありました。

車での練習って新鮮で意外といいものです。

どこでも練習できるって本当に強いメリットだなって思います。

 

奏法がとてつもなく多い!色んな弾き方ができる

ギターってとにかく奏法が多いです。

まず、ピアノのように伴奏の役割ができる。

伴奏です。

 

ベースだけで歌を歌ったりライブをすることはできないです。

ドラムも同じ、

でもギターはこれが可能なんです。

 

伴奏ができるってことは、作曲も可能で、

大抵の作曲家は、ギター作曲かピアノ作曲です。

どうしてこの2つに絞られるかというと、コードをしっかり3音、音鳴らすことができるからです。

 

次にパーカッションの役割ができる。

いわゆるドラムのような役割です。

これってどういう意味かというと強弱です。

 

・カッティング

・スラム奏法

・スラップ奏法

 

カッティングは動画があるので、見てください。

 

同じ弦楽器のベースは、この中のスラップ奏法しかできません。

スラップ奏法の動画もこれから作ろうかなって思います。

とにかく、奏法が多くて色んな弾き方ができます。

 

バンドでギターはとにかく目立つ!花型ポジション!

 

ギターってバンドの中では、メロディーを担当する楽器です。

目立ちたくなくても目立つポジションです。

イントロや間奏は9割型ギターの仕事です。

 

特にハードロックやブルースでは

ギターがメインと言われることも多々あって、

ギターはバンドの花型のポジションです。

 

キメるべきところをしっかり決めると本当にかっこいいです。

かっこつけれる機会はすごく多いので、

モテたい人は絶対ギターが合ってる思います!!ww

 

ベースやドラムもバンドの構成ではすごく大事です。

土台の部分なので、曲を支えているのがこの2つの楽器です。

 

でも、なかなか目立つところがないので、

ギターは目立つから羨ましいと僕はバンドを組んでいた時によく言われていました。

ちなみに目立ちだがりやがドラムやベースにいたら音楽的にも人間関係的にも結構厄介ですw

 

野球やサッカーなど団体スポーツでは、

優れた人しか花型ポジションって担当させてもらえないです。

でもバンドだとギターを選ぶだけで、花型ポジションになれるのは嬉しいですよね!

 

ということでギターのメリットを書いてみました。

まとめてみると、

 

・持ち運びが簡単

・どこでも弾ける

・奏法が多いので色んな弾き方ができる

・バンドの花型

 

こんなメリットのある楽器は早々ないです。

では、また更新します。

ありがとうございました。

 

動画でも簡単に説明しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に

こんにちは、ゆーすけです。
もともと音痴で音感がなくて音楽がコンプレックスだった僕が、

「それでもギターが弾けるようになりたい!」
という想いからエレキギターに挑戦してみました。


すると、ギターがかなり弾けるようになりました。
高校時代は月1でバンドを組んでライブ活動に没頭
大学時代は、軽音部で仲間と切磋琢磨して充実の日々
今ではギター講師として、挫折する人を減らして、


音楽を楽しめる仲間を増やすべく、
ギターを教えています。
そんな想いでこのメディアの発信をしています。


ラインアットでは、無料相談に乗ったり、
不定期でレッスンを募集したり、
ラインアット限定コンテンツを渡したりしています。


人が増えてきたら、
出来ることも限られるので、
ぜひぜひ登録お願いします。
友だち追加