ギター上手くなりたいと思う人が確認すべきこと

こんにちは。ゆーすけです。

ギタリストであれば、「ギター上手くなりたい」と思う人が多いでしょう。

というかほぼ全員の永遠のテーマになりますね。

 

僕もギターを始めてから14年くらいが経ちましたが、

始めた当初からずっとギターが上手くなりたいなと想い続けて練習をしてきました。

ですが、その分さまざまな遠回りも経験してきましたし、

考え方や手順の違いで色んな後悔もしました。

あの時こうしておけば良かったばーとかもう死ぬほどたくさんあります。

 

今回紹介するのは具体的な練習方法とかではなく、

ギターを弾くにあったっての考え方や自分の気持ちへの向き合い方です。

そんなの意味ねえだろと思うかもしれませんが、

僕はこの考え方やマインド1つで自分のギター練習の効率やモチベーションが大きく改善されて、

少ない時間でもかなり効率良く練習できるようになりましたし、

上達もかなり早くなりました。

 

で、今回はそんな僕の失敗談や今だからわかることを元に

ギターが上手くなりたいと思う人に確認して欲しいことを書いていきます。

これを読むだけでもだいぶ未来が明るくなると思います。

 

ギターが上手くなる秘訣

ギターが上手くなりたいだけではなく、明確な1つのゴールを決めているか?

まず、1つ目ですが明確なゴールを決めていて、そこに向かっているかどうかを確認するのは非常に大事です。

これは逆算思考という風に言います。

例えば、英語を勉強するにしても大学受験の勉強をするか、それとも英検の勉強をするかによってやる内容が全然変わってしまいますし、

単に英語を勉強して得意になりたいと思っても明確なゴールを決めないと道が定まらなくなってしまいます。

自分の好きなジャンル、好きなアーティストの曲、好きな1曲というのを何度も反復するというのが実は一番効率的で上達するのも早いものです。

ですが、以前の僕はあまりにも色んなことができるようになりたいと欲張ってしまって迷走してしまったことがあります。

初心者の頃は1曲を決めてそれを終わるまでは他の曲は一切やらないと決めていたから成長も早かったのですが、

だんだん色んな曲が弾けたりするようになると、

単に高度な奏法や違うジャンルの曲を練習はするものの、結局全てが中途半端になってしまって

成長が著しく止まってしまいました。

だから、まずは明確なゴールを決めてそれに向かって何度も練習するというのが最短で上手くなるコツです。

 

ギターが上手くなるために色んな練習をやろうとして迷うだけで疲れていないか?

これも向上心のある人ほど陥ってしまうことなのですが、

色んな練習をやろうやろうと考えるも、結局何をやろうか決まらずに迷ってしまい、結局それだけで疲れて全然練習が進まないということもよくあります。

人間は迷うことでかなりの気力を使ってしまうので、

実は行動するよりもやろうやろうと思ってやらないほうがかなり疲れるんですよ。

僕も色んなことをやろうとしては迷って計画倒れして、結局練習が進まないから上達も止まってしまったということが何度も何度もありました。

 

ここでこれを回避するために大事なことは、人間は器用な生き物じゃないし、色んなことができないと理解することですね。

練習できる時間も限られていますし、1つのことを何度も反復しなければ何事も上達しないのですが、ギターも同じです。

1つ目のゴールから逆算して練習する話ともつながるのですが、

まずは、明確に1つのやることを決めて多くのことをやらずに1つに集中するということがとても大切になってきます。

ギター練習の優先順位を明確に決めろ

練習の優先順位を決めるという事は効率を一気に爆上げしてくれます。

この優先順位を決めていなければ常に迷ってしまうんですよね。

迷う時間はもったいないですし、逆に優先順位を決めておけば時間も効率性もかなり上がります。

 

例えば、Aという曲を弾くにあたってまずはサビが弾けそうだからサビを先に覚えてしまおう。

次にAメロ、Bメロ、最後はギターソロが時間かかりそうだからここを何度も練習しよう!

とか最初に紙やメモ帳に書いてでも決めておくと後がかなり楽になります。

自分の計画や優先順位を実際に見えるようにしておけば、

決めた事を忘れなくなるのでグラグラ気持ちが揺らついていきなり他のことに手を出して消耗してしまう恐れなどが減ります。

ギターに多少の自信がついてきたせいで、自分に期待しすぎて無理な難題をやろうとしすぎてないか?

自分に期待しすぎていないだろうか?

これも僕が友達や他のバンドマンからだいぶギターを褒められるようになったからこそ

はまってしまった落とし穴だったのですが、

自分のやる気や行動力、技術などを過信しすぎていて無理な難題をやろうとしすぎてないか?ということですね。

 

これは、勉強で例えると非常にわかりやすいのですが、

受験生とかが最初から1日10時間勉強すると決めていて、それが1時間すら勉強できなかったという時に非常に落ち込んでしまう。

または、7時間も勉強できたとしても、10時間勉強できなかったから自信をなくしてしまうようなもの同じです。

 

あまりにも自分に期待してしまったら、決めたことが達成できなかった時に深く落ち込んでしまうんですよ。

僕も決めた曲が中途半端になってしまったり、

今日はギター5時間練習すると決めていたのに、1時間も続かなかった時は自分だめだめだなーと落ち込んでしまったことが何度もありました。

この落ち込んでしまう気持ちは時には大切なのですが、あまりにも引きずってしまうと自分に嫌気をさしてしまって、

その後のモチベーションがどんどん下がってしまうので、かなりの足かせとなってしまいます。

それがもちろんギター上達にもつながってくるんですよ。

だから、自分は行動力もモチベもないから少しでも練習ができればOKくらいの気持ちをもっておいたほうが、

特に理想が高いけれどそれが達成できなくて落ち込むような昔の僕のようなタイプの人にはかなり良いのかなと思います。

 

自分のギター上達のポテンシャルは褒めるけれど、現状への気持ちは謙虚に素直に置いておく

まず、自分の未来への可能性は無限だと信じましょう。

伸びる人と伸びない人の大きな違いといのは、自分が伸びるかどうか本気で信じ切れているかということに強くかかっています。

ですが、今の自分の現状については謙虚な気持ちでいるほうがギターが上手くなりたいという目的にはかなり良くて効果的です。

 

僕自身、大学の時に軽音楽部でたまたま褒められまくったときに、

自分を過信しすぎて練習すらしなくなったという黒歴史があります。

いや、これは本当に恥ずかしい。はっきり言って全然そんなレベルに達してなかったんですよ。

でも、謙虚な気持ちがなくなってしまったら練習をしなくなってしまったり、

学ぶことへの意欲も一気に激減してしまうという最悪の事態になってしまいます。

 

ギターも謙虚な気持ちを持っていたほうが、学ぶ意欲や向上心が強くなるので上達が早くなります。

それに目上や同等のギタリスト仲間に会った時もそういう生き方だと

好まれますし、色んな有益な情報をもらうこともできます。

僕も常に謙虚でいるということを意識していきたいし、

でも、自分の未来については無限の可能性があると無理矢理でも信じることにしています。

 

ギター練習日記を毎日つけておくと客観的に自分の行動を見直して改善することができる

自分のギター練習日記をつけておくことで、ギター上達が確実に早まります。

日記をつけることでモチベーションもガンガン上がりますし、

良い日記をつけるために練習しねければ!と危機感を感じて行動力が上がる事も多々あるでしょう。

 

なぜなら、客観的に自分の練習方法や効率、考え方などを見直す事ができるからです。

人間はその時、その時の感情に左右されてしまう生き物です。

自分の目的達成というよりは、その時のやりたいことを気分次第でやってしまうんですよ。

僕自身もそうでしたし、今でも注意しなければそうなってしまうことが多々あります。

 

冷静に見直す時間というのが必要になってきます。

冷静に見直してみれば、無駄なことをやっていないだろうか?

または、もっと良い方法があるのではないか?ということを何より自分の頭で考える事ができます。

 

音楽で毎日日記をつけている人はあまりいないとは思いますが、

20分程度でもいいので自分のギター日記をつけることをおすすめします。

 

ギターが上手くなるためのまとめ

今回、具体的な奏法の話が一切なくてびっくりした人がいるかもしれませんが、

自分の心構えや工夫1つで結果は本当に大きく変わるものです。

どんなに効果的な練習方法やノウハウがあっても、

今回紹介したようなことを意識しなけば、水のアワになってしまいます。

だからこそ、今日の記事を1度ではなく何度も見直してほしいなと思います。

僕も自分が常に心がけるという意味でもこの記事を書きました。

 

楽しく向上心を持ってギターや音楽を楽しみましょう。

ではでは。

最後に

こんにちは、ゆーすけです。
もともと音痴で音感がなくて音楽がコンプレックスだった僕が、

「それでもギターが弾けるようになりたい!」
という想いからエレキギターに挑戦してみました。


すると、ギターがかなり弾けるようになりました。
高校時代は月1でバンドを組んでライブ活動に没頭
大学時代は、軽音部で仲間と切磋琢磨して充実の日々
今ではギター講師として、挫折する人を減らして、


音楽を楽しめる仲間を増やすべく、
ギターを教えています。
そんな想いでこのメディアの発信をしています。


ラインアットでは、無料相談に乗ったり、
不定期でレッスンを募集したり、
ラインアット限定コンテンツを渡したりしています。


人が増えてきたら、
出来ることも限られるので、
ぜひぜひ登録お願いします。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です