エレキギターはアンプなしでも練習可能!あると便利なアイテムとは?

こんにちは。ゆーすけです。

今回は「エレキギターはアンプなしでも練習可能!あると便利なアイテムとは?」

ということについて話していこうと思います。

 

まずなんですけど、

エレキギターを練習するにはアンプが必要だと思う人がいるかと思います。

 

ギターを始めよう、またようやくギターを買ったという段階の人は、

「次はアンプを買おう!」と思っている方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、アンプに繋いで練習をするとなると気になるのはその音量。

 

アパートなどでギターを弾く人の場合、隣の部屋に音が漏れてないか、ということが心配の種になったりします。

 

しかし、実はあるアイテムを使うことでアンプなしでギターを練習することができるんです!

アンプを使わなくても、そのアイテムを使えばギターを歪ませることもできますし、

クリーントーン、他にもメタルのような激しい歪みにすることも可能なのです。

 

ではそんな魅力的なアイテムとは一体どんなものなのでしょうか?

 

本題に入る前に、

ギターグッズを買う為に、ノーリスクでお金を貯める方法について、

記事を書いてので、先にシェアさせていただきます!

副業で即金性の高いものは何か?本当に儲かるものを紹介!

エレキギターはアンプなしでも練習可能!あると便利なアイテムとは?

アンプなしでギターを練習することができる優れもののアイテム。

先ほどの文章を読んでもらった方はとても気になっているのではないでしょうか?

 

アンプを使わなくても、そのアイテムを使えばギターを歪ませることもできますし、

クリーントーンや、種類によってはアコギの音にすることも可能なのです。

(追記:調べたところアコギに変換できるものは廃盤になったようです。)

 

これはとても魅力的ですね。

そして何よりそのアイテムは小型でどこへでも持ち運びが可能。

これは見逃せないポイントだと思います。

 

アンプだとさすがに外に持ち出すのは面倒だなぁと思ったりしますが、

今回紹介するアイテムはズボンのポケットにしまえるほどの大きさなのです。

 

ではそんな優れもののアイテム、一体どういうものかというと…

 

こちらです。

VOX ヴォックス ヘッドホン・ギター・アンプ アンプラグ2 amPlug 2 AC30 VOX

VOXのアンプラグと呼ばれる商品で、

なんとイヤホンに繋ぐことができるのです。

 

ジャック(シールドを差し込むところ)にそのまま挿して、イヤホンをつければ完成。

 

あとは電源をオンにして、歪みなどチャンネルを選べば演奏ができちゃいます。

見て分かりますが、かなり小型です。

 

アンプを買おうとしていた人にはびっくりな大きさなんじゃないでしょうか。

これさえあればどこでも練習ができますし、音量も気にせずにギターを弾きまくることができます。

 

 

海外の方の動画ですが、どんな感じかイメージは掴めると思います。

クリーンサウンドから、いい感じな歪むまで幅広く得ることができますね。

 

ちなみにコーラス、ディレイ、リバーブなどのエフェクトも搭載しているので、

エフェクターいらずで良い感じの演奏が出来てしまいます。

なんて良い商品なんだ、という感じですね。

 

VOX ヴォックス ヘッドホン・ギター・アンプ アンプラグ2 amPlug 2 Metal

こちらはメタル用のものですね。

サンプルの動画が見れます!

激しいメタルサウンドを得ることができますね。

このサウンドをアンプで出そうとすると音量も大きくなりがちなのですが、

この小型アンプラグで代用することができればそんな悩みからも解決できますね。

こちらもコーラス、ディレイ、リバーブのエフェクトがついています。

 

VOX ヴォックス ヘッドホン・ギター・アンプ アンプラグ2 amPlug 2 Clean

そしてこちらはクリーンサウンド。

どんな音かのyoutube動画です!

この方は小さなキャビネットに繋いでいますが、このような使い方もできます。

イヤホンではなく実際に音を出して確認したい場合は、こういう使い方をして確かめると良いですね。

 

でもこんなにミニサイズだと、外に持って行くのも簡単で便利ですね!

これなら、どこでも練習することが可能ですね。

エレキギターは、アンプなしだと上達しないのか?

 

「エレキギターはアンプを絶対に使え!」

「アンプを使って練習しないと下手になる!」

と話す人は多いと思います。

 

これに関しては、納得もできますが、

練習の目的にもよります。

 

例えば、ギターの感覚の維持だったり、

弾けない曲を弾けるようにする練習であれば、

アンプを使おうが、使わまいがどっちでも良い訳です。

 

しかし、アンプを通した上で、

音の調整だったり、アンプを通して弾く自分の音だったり、

そういう面を鍛えるのであれば、アンプは繋げるべきです。

 

ギタリストって、職人気質の人が多いので、

自分の感覚だけで極論を言いすぎる人が多いです。

 

しかし、それって、初心者からすると????

ってなるじゃないですか。

僕も、そんな経験をした事が沢山あるのです。

 

だから、客観的な目線を大事にしながらも、

今後も発信をしていこうと思います。

 

ギターグッズを買う為に、月5万円稼げる副業について、

記事を書きましたので、下記に貼っておきます!

副業で月5万円を在宅で稼ぐには、何がおすすめ?副業歴3年の僕が解説してみた!

 

では、ありがとうございました!

最後に

こんにちは、ゆーすけです。
もともと音痴で音感がなくて音楽がコンプレックスだった僕が、

「それでもギターが弾けるようになりたい!」
という想いからエレキギターに挑戦してみました。


すると、ギターがかなり弾けるようになりました。
高校時代は月1でバンドを組んでライブ活動に没頭
大学時代は、軽音部で仲間と切磋琢磨して充実の日々
今ではギター講師として、挫折する人を減らして、


音楽を楽しめる仲間を増やすべく、
ギターを教えています。
そんな想いでこのメディアの発信をしています。


ラインアットでは、無料相談に乗ったり、
不定期でレッスンを募集したり、
ラインアット限定コンテンツを渡したりしています。


人が増えてきたら、
出来ることも限られるので、
ぜひぜひ登録お願いします。
友だち追加