イングウェイ・マルムスティーンとは?ギターの神?努力と才能の賜物!

こんにちは!ゆーすけです!

天才ギタリストから学ぼうということなのですが、

今日紹介するのはスウェーデン出身ののギタリストイングウェイマルムスティーンです。

イングウェイ・マルムスティーンとは、誰?

イングウェイは、世界屈指のスーパーギタリスト

これが超凄いギタリストなのです!!

彼は、ハードロックにクラシックを融合させ、速弾きを多用する超革新的なギタリストです。

初めて聞く方はこの動画をみてください!!

このようにクラシックフレーズを頻繁に使うギタリストです。

イングウェイ・マルムスティーンの名言は半端ない

性格はかなり捻くれていて、本物の厨二病かってくらい面白い名言を残しています。

「作曲家はこの世にベイトーベンと俺だけだ」

「俺は凄い!才能があってルックルも悪くない」

もう自我の塊!!

 

彼の名言についても、記事を書きました!

イングウェイの名言【厨二病チックだが、説得力しかない】

 

ちなみにこのイングウェイが使っているモデルギターは次僕が買おうかなって考えているギターでもあります。

かっこよくないですか?

 

彼は世界の3G(3ビッグギタリスト)の1人でもあり、

日本ではギターのキングと呼ばれています!!

ここまでのレベルとなると全て元からの才能だけでやっているんだなーって思っていました。

でも、調べてみるとそうではなかったです。

 

イングウェイのギター練習時間に、誰もが驚いた!

これを知った時は僕は本当に驚きました!!

「1970年から80年くらいまで、ほぼギターを弾くということしかしてこなかった」

1日13時間の練習

これってもうかなり異次元です。

 

1日ギター以外何もやらない生活を10年も続けてきたのです。

ストイックの次元を大きく超えていますね!

 

このようにして練習の膨大な積み重ねによって彼はギター界で大きく成功を成し遂げました。

イングウェイは天才!!

ってギター界では言われていますが、裏では血の滲むような努力を積み重ねています。

 

僕も「え?13時間練習を10年も???」

頭の中???でいっぱいになりました。

 

イングウェイは、ギターをセンスと才能だけでやってきたのか?

答えはNOですね!

もし才能があれば、ここまで血の滲む努力はしなくても良かったはずです

圧倒的な経験を積んで、世界の頂点レベルに達し、

 

今では彼の作曲した曲をオーケストラで合奏するということも良くあります。

youtubeではオーケストラの真ん中に彼が立っていてギター大音量で弾いている動画も上がっていますww

シュールすぎてびっくりですよ!!

 

正直、彼は性格が捻くれ過ぎていてファンの僕でも会いたいとは思わないですがw

プロの中のプロですらここまでやっているんだなってことが学べました!!

ここまでやる人っていないので、これだけやればギターの技術は半端なくつきます!

もちろんここまでやれよって意味ではなくて、

弾けば弾くほど上手くなるのがギターってことですね!!

ギターが弾けるようになる位は難しくない!

イングウェイのようにプロで食べていくとなると最低でも7時間の練習とか必要ですが、

趣味で楽しむ程度なら、1日30分とかでも十分です!!

時間のあるときに1時間くらい練習をする。

 

このペースでも曲が弾けて、バンドが組めるように十分なれるのです!!

弾けるようになってくるとギターは本当に楽しいです!!

 

センスがどうこうってよく聞くけど、

僕はセンスは経験によって磨かれるものだと思っています!!

 

最初の段階なんてどうであろうと関係ないのです。

好きならとにかくやってみることが1番です!!

ということでギターがんばっていきましょう!!

 

ありがとうございました!!

 

 

 

 

最後に

こんにちは、ゆーすけです。
もともと音痴で音感がなくて音楽がコンプレックスだった僕が、

「それでもギターが弾けるようになりたい!」
という想いからエレキギターに挑戦してみました。


すると、ギターがかなり弾けるようになりました。
高校時代は月1でバンドを組んでライブ活動に没頭
大学時代は、軽音部で仲間と切磋琢磨して充実の日々
今ではギター講師として、挫折する人を減らして、


音楽を楽しめる仲間を増やすべく、
ギターを教えています。
そんな想いでこのメディアの発信をしています。


ラインアットでは、無料相談に乗ったり、
不定期でレッスンを募集したり、
ラインアット限定コンテンツを渡したりしています。


人が増えてきたら、
出来ることも限られるので、
ぜひぜひ登録お願いします。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です